↓クリックお願いします!↓

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ  にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
2011年08月29日

ルアーのリメイク

ルアーのリメイク (1).JPG

ソルトルアーへようこそ!
疑似餌的海釣り大好きラテスJPです。

本日のテーマルアーリメイクです。

大事なルアーがキズだらけ。
買ったルアーのカラーが気に入らない。

そんな場合ってありますよね?
そんな時はリメイクしましょう。

今回のサンプルはK-TENのリップレスミノー115o。
思い切りキズいってます。

ルアーのリメイク (2).JPG

さあ、まずはアルミ貼りします。
市販のアルミテープをヤスリの上等を使用し、ウロコ模様にします。

ルアーのリメイク (3).JPG ルアーのリメイク (5).JPG

このウロコ模様を付けておくと、後々湾曲部分のシワを吸収してくれます。

出来たら、ルアーの高さ、長さに合わせてカットします。

ルアーのリメイク (6).JPG

今回はルアーの下の方から貼っていきます。

ルアーのリメイク (8).JPG

背中のシワやアルミテープの余りはデザインカッターでカットします。

ルアーのリメイク (9).JPG ルアーのリメイク (11).JPG

カット後はこんな感じ。

ルアーのリメイク (13).JPG

続いて、背中部分にもウロコ模様を入れたアルミテープを貼っていきます。

ルアーのリメイク (15).JPG

そして、先ほどと同じく不要な部分をデザインカッターでカットします。

ルアーのリメイク (16).JPG

こんな感じになります。

ルアーのリメイク (17).JPG

その後、セルロースセメントにドブ漬け。
アルミテープの段差をサンドペーパーで削りながら何度か繰り返します。

ルアーのリメイク (19).JPG

セルロースセメントを使用した場合、表面が白くなる場合があります。
塗装前にはこの曇りを取り除きたいですよね?

私はセルロースセメントの薄め液&布で軽くふきます。

ルアーのリメイク (21).JPG

すると輝きを取り戻します。

ルアーのリメイク (20).JPG ルアーのリメイク (22).JPG

ティッシュなどを使用すると、ティッシュがルアーにくっついてしまいます。
注意ください。

その後、アルミテープのつなぎ目やお腹部分等にシルバーを塗装。
よく乾かします。

ルアーのリメイク (23).JPG ルアーのリメイク (24).JPG

その後、好みのカラーへ塗装。
塗装したくない部分はマスキングテープ等でマスキングしましょう。

カラーリングが終わったら乾燥。

ルアーのリメイク (25).JPG

しっかり乾燥したら、最終ウレタンフォームへのドブ漬けでコーティング。

2〜3回行います。

ルアーのリメイク (26).JPG

セルロースセメントをよく吹き付けてからセルロースセメントにドブ漬けでもいいかも知れません。

この場合、しっかり吹き付けしないと色が流れるようです。
個人的にはウレタンフォームで仕上げるので、経験がありません。

ウレタンフォームの難点は、封を開けたら硬化が進行してしまう事です。
しばらく置いておいたら全部固まってたって事が良くあります。

また、粘度が上がると気泡が出来やすくなります。

だから、ウレタンフォームを使用する場合ある程度まとまった量を行うのがベストですね。

1本2000円として、20本メンテできれば1本100円の投資。
40本なら50円です。

わずかな量ならセルロースセメント方式の方が良いかも知れません。

で、塗装が完了したら目を入れます。
市販のグラスアイでもシールのアイでもペイントでも。

ルアーのリメイク (1).JPG

好みの方法で行いましょう。
その後、再度ウレタンフォームでコーティングします。


下記↓から他のソルトルアーシーバスのブログが探せます!
疑似餌的海釣り大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ  にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←クリックしてみなっせ!


インターネットでお買い物!
かなり多くの品揃え(釣具意外も)があり充実しています。
アウトドア&フィッシング ナチュラム ←クリックしてみなっせ!

検索で、リールのパーツやスプールなども探して購入することも出来ます。
一度、購入の選択肢としてご覧になってださい。
検索機能をフル活用するのがコツです。

アフィリエイトならリンクシェア
posted by ラテスJP at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 塗装ネタ
2011年08月28日

ハスキージャーク12cmウェイトUP

ハスキージャーク改造 (1).jpg ハスキージャーク改造 (12).jpg

ソルトルアーへようこそ!
疑似餌的海釣り大好きラテスJPです。

本日のルアーラパラハスキージャーク12cmです。

今回は改造分です。

ハスキージャークのキンキラカラーは使用を続けている内にその輝きを失っていきます。

そして、極まれに重量バランスの悪い個体が存在するのです。

そんなルアーは使用頻度が下がり、ルアーケースの肥やしになってしまいます。

こういうルアーはいっそ改造してしましましょう。

ハスキージャーク12cmはリップをカットしても良く釣れるルアーなのですが、重量バランスが悪いなら強制下方重心化します。

まず、ハスキージャーク12cmのリップをカットし、ヤスリでカット部分をなめらかにます。

一方で、板鉛を加工します。
2枚で53円のシロモノを使用。

ハスキージャーク改造.jpg

ドライバー等でデコボコした板鉛の面を平らに慣らします。

ハスキージャーク改造 (2).jpg ハスキージャーク改造 (3).jpg

アルミテープをヤスリの面などを利用し、ウロコ模様にします。
そのアルミテープに慣らした板鉛を貼り付けます。

ハスキージャーク改造 (4).jpg ハスキージャーク改造 (6).jpg

板鉛の形の沿ってカットすればウロコ模様の板ナマリの完成です。

ハスキージャーク改造 (7).jpg

その後、ハスキージャーク12cmのフック装着位置とサイズに合わせてポンチなどで穴をあけます。

ハスキージャーク改造 (8).jpg

その板鉛を一旦ルアーにあてて、形に合わせて湾曲させます。
要は形を整えるのです。

そして、スプレーのりを吹き付け、本体に接着。

ハスキージャーク改造 (9).jpg ハスキージャーク改造 (10).jpg

ドライバーの軸等でよくなじませます。

その後、形を整える為デザインカッターで板鉛の不要部分をカットします。
そして、のりが残るのでパーツクリーナーと布を使ってふきふきします。

ここから先はハンドメイドルアーの作成方法と同じ。

ボディ全体にウロコ模様のアルミテープを貼り、頭部分にはノーマルなアルミテープをカットして貼ります。

そして、セルロースセメントにドブ漬け。
回数は好みで、おいらは20回程度。

一番下が今回のハスキージャークです。
ハスキージャーク改造 (11).jpg

その後に塗装を施します。
スプレー塗料でもいいのでしょうが、エアーブラシが無難です。

塗装完了後、ウレタンフォームにドブ漬け。
このへんの手法は人によって異なる。

時間と費用と手間の問題か?

目玉はペイントするもよし、市販のアイを貼るも良しです。

で、完成です。

ハスキージャーク改造 (1).jpg

ノーマルのリップレスVerがおおよそ13g。
板鉛装着Verが、約20g。

7gのウェイトアップ。
パーセントにして、54%UP

そして、アルミテープの輝き。

ま、あとは釣れるのか?
って所でしょうか。

高知県のとあるゴロタ浜にてエソをGETです!!
エソじゃ不満ですか?

ハスキージャーク改造 (12).jpg

今後活躍してくれますよきっと。

飛距離はバツグンです。
ざっとノーマルの1.5倍。

操作については、少しアクション付けてフラッシングさせるのがポイント。

そして、やや早巻きが基本です。
重いですから。

水深のある場所ならリフト&フォールもいけるかも知れません。


下記↓から他のソルトルアーシーバスのブログが探せます!
疑似餌的海釣り大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ  にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←クリックしてみなっせ!


インターネットでお買い物!
かなり多くの品揃え(釣具意外も)があり充実しています。
アウトドア&フィッシング ナチュラム ←クリックしてみなっせ!

検索で、リールのパーツやスプールなども探して購入することも出来ます。
一度、購入の選択肢としてご覧になってださい。
検索機能をフル活用するのがコツです。

アフィリエイトならリンクシェア
posted by ラテスJP at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラパラ
2011年08月27日

スプリットリングのメンテナンス

スプリットリングのメンテナンス (4).jpg

ソルトルアーへようこそ!
疑似餌的海釣り大好きラテスJPです。

本日のテーマスプリットリングメンテナンスです。

ルアーを大量に持っていると結構スプリットリングの中古?が溜まります。

お金持ちならそのまま廃棄もいいでしょうが・・・
物を大切に最後まで使うおいらは洗浄してまた使用します。

まずは中性洗剤等で洗います。
タライなどに入れ、アライグマのようにまとめてガシガシ洗います。

おおまかな汚れはこれで落ちます。

フィルムケースなどにパーツクリーナーと共に入れ、シャカシャカ振る方法もあります。

気になる大きなサビは、リューター&ブラシ等の組み合わせで削ります。

しかしですね、このスプリットリングの内側の洗浄がなんともめんどくさいのです。
大量にあれば特に。

さて、どうしたものか?

こんな時はロープです。
スプリットリングをロープに通し、ゴシゴシとロープに汚れをこすりつけます。

まずは、サイズごとに仕分けしましょう。
そして、大きく開いてしまった物を取り除きます。

スプリットリングのメンテナンス (4).jpg

若干の開きは宿命ですが、度を越えると使用しない方が良いでしょう。

その後、ロープに通します。

スプリットリングのメンテナンス (7).jpg

ロープの端は机の脚などへ固定。

スプリットリングのメンテナンス (8).jpg

そして、ロープにパーツクリーナーを吹き付けスプリットリングの塊を握りガシガシとロープ上を行き来させます。

位置を変えながら自分が納得するまで行いましょう。

これで、かなりキレイになります。
細かい隙間部分の汚れは残りますが、気にしないことですね。

スプリットリングのメンテナンス (1).jpg

使う気になればOKなのです。

あとは、きっちり乾燥させてから保存ください。

ま、他にも方法はあるでしょう。
色々試してみてください。

個人的に使い捨ての考えは大嫌いです。


下記↓から他のソルトルアーシーバスのブログが探せます!
疑似餌的海釣り大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ  にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←クリックしてみなっせ!


インターネットでお買い物!
かなり多くの品揃え(釣具意外も)があり充実しています。
アウトドア&フィッシング ナチュラム ←クリックしてみなっせ!

検索で、リールのパーツやスプールなども探して購入することも出来ます。
一度、購入の選択肢としてご覧になってださい。
検索機能をフル活用するのがコツです。

アフィリエイトならリンクシェア
posted by ラテスJP at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ
■スポンサードリンク